写真で見る香り遊びと道具

香料を入れる木箱、種類ごとに引出に入っています。

自然の生薬である香原料を細かく砕く道具。

シナモン、丁子、などの生薬。

貝香(かいこう)

丁子(ちょうじ)

桂皮(けいひ・シナモン)

薬箱のような生薬入れ、取っ手はカラフルな組紐。

訶梨勒(かりろく)という匂い袋と一緒に写っているのは、訶子(かし)の実で、魔除けとして使われるそうです。

こちらの書物「十炷香之記」は、組香遊びの解説書。

源氏香の遊びについても書かれています。

香り当てゲーム=組香のひとつ、「源氏香(げんじこう)」のルールブック。

コーンタイプのお線香。生薬を練りこんでいます。

蝦香(えびこう)。部屋に飾る防虫香。

室町時代の着物を羽織り、香遊びのお点前をしています。

練香を使った薫物合わせ(たきものあわせ)。

香炉の灰をつくる道具。

香炉の灰を整えます。

香炉の中に温めた炭を入れ、香りがより立つようにラインを入れます。

いろいろな香炉があります。

組香遊びの時などに書きとめておくための筆セット。

平安時代の源氏香の風景が書かれた絵巻。

カンナや木づち、香木(こうぼく)を割る道具。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

wa.kaoru ホーム
wa.kaoru サービス
wa.kaoru イベント情報
wa.kaoru 日本における香りの歴史
wa.kaoru 写真で見る香り遊びと道具
wa.kaoru イベント風景
wa.kaoru 講師・スタッフ
wa.kaoru 会社概要
wa.kaoru お客様の声
wa.kaoru お問合せ・お申込み